猫被害のお悩みや、地域猫の実態に関する情報提供|猫被害者の権利確立と向上|行政への抗議と問題提起

福岡猫被害救済委員会

  共生という名の、無責任で偽りの動物愛護の果てに
  HOME
  会の紹介
  現状
  活動
  入会・お問い合わせ
  お知らせ
  規約
  リンク集
>> HOME  >> 活動
 
  活動※1

1、猫被害者の権利確立
既述のように様々な行政の動きにおいて、猫被害者は様々な被害を受けていながら、権利が軽んじられるどころか無視されるなど、それは市民の権利を侵害し被害を拡大させるものであり、断じて許されるものではありません。よって、それが広く市民に受け入れられる筈などありません。しかしそのような事が、広く公開され議論される事もなく、粛々と進められる密室動物管理行政に声を上げ社会に問う事により、被害者の権利を守り確立させ、川上の動物管理行政を変えていくことにより、川下で起こる猫被害の解消を図ります。

(1)愛管行政への参画
数多くの猫被害が報告されているにもかかわらず、現状の愛管行政は酷いものです。つまり現状の愛管行政の担い手だけに、それを委ね続ける事が危険である事は明白です。私共は行政における各種委員に名乗りを上げ、被害の救済や被害者の権利確立を訴えるとともに、杜撰な愛管行政を監視していきます。

(2)行政ならびに関係先との対応の公開 
本会からの質問や提言とそれに対する回答、本会に対する問い合わせ等を公開し、本会活動を明らかにするとともに、愛管行政等の現状と実態を社会に訴えます。

 

2、被害者の支援(会員のみの対応となります)
問題解決においては、個人や自治会・町内会だけでは困難です。同じ悩みを持つ者同士で、協力し支援する体制を作ります。

(1)被害相談ならびに情報提供
寄せられた実際の声が、活動の基礎となります。個別事例を蓄積しデータベース化することにより、会員に有効な手段を提供することを目指します。※2

(2)弁護士紹介
私共の活動は法律の正しい知識が必要ですが、いかんせん素人です。よって法のプロである弁護士に法的アドバイスは依存していますし、その存在は必要不可欠です。弁護士に相談したいと御希望の方へ、弁護士を紹介いたします。※3

(3)説明会
自治会・町内会・団体等、多くの住人の皆さんがお集まりの場合には、御説明にお伺いします。※4

(4)交流会
同じ悩みを共有する者同士による交流は、問題解決に向けて非常に有益と考えます。よって定期的に実施します。※5

(5)他団体に対する支援
この活動が全国に広がる事を願い、当会趣旨に賛同され同様の活動団体設立をお考えの方々への支援を行います。※6

 

3、広報・啓発活動
既存の動物愛護に関する啓発活動の結果は、既述の通りです。よって異なるアプローチにより、社会認識の改善を図ります。

 

4、活動報告
活動は当ホームページにてご紹介いたしますが、会員様へはメールマガジン等により、更なる情報を提供いたします。


※1 活動並びに内容は、変更する場合がございます。
※2 メールや電話にて対応いたしますが、発足直後のデータ収集段階であり、ご返答できない場合 があります。また免責事項を、よくお読みください。
電話による対応は、原則毎週水曜日・金曜日の13時~17時とさせていただきますが、変更の場合がございます。また初回お電話の方は、前日までにメールフォームにて概要をお知らせください。
番号表示無き御連絡には、対応いたしません。
状況によってはご不便をおかけしたり、時間や回数などの各種制限を設ける場合がございます。
当会趣旨に反した業務の妨害と判断した場合、対応をお断りすると共に、その行為が複数回に及んだ場合には断固たる措置をとります。
※3 福岡市内の指定弁護士事務所へ、相談者のご負担により来訪できる方のみへのご紹介です。弁護士への相談料(30分5,250円~)が掛かります。また、その御相談により、問題の解決をお約束するものではございません。
※4 当面、福岡市内のみを対象とさせていただきます。また有料となります為、御相談ください。
※5 会費制
※6 有料となります為、御相談ください。
   


 

  当会の主張(暫定)

多くの猫被害者の声や権利を無視した、密室動物管理行政やデタラメな動物愛護主張に、広く市民の共 感や理解など得られる筈などない。動物管理行政に参画し監視する事により、猫被害者の権利確立と向上を目指すと共に、真の動物愛護精神の浸透を図ります。

杜撰極まりない地域猫活動に、断固反対します。

杜撰な動物管理こそ、動物虐待(ネグレクト)であり不幸な命を生み出す元凶に他ならない。
愛管法を改正し、動物管理責任の義務化と登録制による管理厳格化を目指します。

早急なる現行のペット関連助成打ち切りと、動物行政にまつわる財源としてペット税を導入し、現行予算を災害復興や防災等の予算に充てるよう訴えます。

 

 
 
 
 
HOME会の紹介現状活動入会・お問い合わせお知らせ規約リンク集
Copyright (C) 2011 福岡猫被害救済委員会 All rights reserved