猫被害のお悩みや、地域猫の実態に関する情報提供|猫被害者の権利確立と向上|行政への抗議と問題提起

福岡猫被害救済委員会

  共生という名の、無責任で偽りの動物愛護の果てに
  HOME
  会の紹介
  現状
  活動
  入会・お問い合わせ
  お知らせ
  規約
  リンク集
>> HOME  >> 規約
 
   規約

第1条 名称
1、本会は、福岡猫被害救済委員会とする。

第2条 事務所所在地
本会事務所は、福岡県内に置く

第3条 目的
本会は以下を目的とする
1、猫被害者の権利確立
2、猫被害者の支援
3、猫被害問題と真の動物愛護に関する啓発活動
4、上記各事項に関連する活動

第4条 会員
1、猫被害者
2、本会設立趣旨や目的および主張に賛同する者
3、各項に該当し年会費を納付した者

第5条 入会
1、入会希望者は受付フォームに必要事項を記入した上で送信し、代表の承認を得ねばならない。
2、年会費は別項の通りとする。

第6条 除名
会員が以下のいずれかに該当する場合、代表により除名できる。
1、この規約に違反した者
2、本会の名誉を著しく棄損し、または本会目的に違反した者
3、会員としてふさわしくないと代表より判断された者

第7条 財務
本会の財務は、年会費と寄付金および活動で得た収益による。

第8条 会計年度
本会会計年度は毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第9条 規約
1、会員は、本規約および個別規約に従うものとします。
2、本会の円滑な運営及び活動の為、会員の事前了承を得る事無く、代表により規約の変更ができる。
3、本規約の変更の効力、個別規約の効力は、原則として変更後の規約、個別規約が本サイトに掲載された際に効力が発生する。本会が変更後の規約、個別規約を告知する際に期間等を定めた場合は、期間を経過した時点、期限が到来した時点で効力が生じるものとします。
4、本会は本サイトのURLを適時変更できる。

第10条 変更の手続き
会員は、氏名、住所、メールアドレス等、本会へ提供している会員登録情報に変更があった場合には、速やかに本会に所定の方法で変更の届出を行うものとします。なお、婚姻等による姓の変更等当社が承認した場合を除き、本会に届け出た氏名を変更することはできません。

第11条 個人認証情報の管理責任
会員は、自己の個人認証情報を管理する一切の責任を負うものとし、且つ会員は、自己の個人認証情報、及びアカウントを、他者に使用させず、他者と共有、あるいは他者に許諾しないものとします。
会員の個人認証がなされた本会サービスの利用や、それに伴う一切の行為は、会員による利用、及び行為とみなし、一切の義務と責任を負担していただきます。その他、会員の個人認証情報が他者に使用されたことによって当該会員が被る損害については 、当該会員の故意過失の有無にかかわらず、本会は一切責任を負いません。なお、常時接続サービス等、機器、又はネットワークの接続、設定により、会員自身が関与しなくとも個人認証がなされ、 他者による利用が可能となっている場合も含まれます。
一つの個人認証情報を他者により同時に利用、又は複数の個人認証情報を利用し、同じ端末から同時に使用された接続等の機能、及び品質について、本会は一切保証しません。
会員は、個人認証情報を失念した場合、あるいは自己の個人認証情報が漏洩したことが判明した場合には、本会に対して直ちにその旨を通知するとともに、本会の指示に従うものとします。

第12条 通知確認の義務
1、会員は、会員である期間中は、本会からのメールによる通知等が受信可能な状況を維持し、活動内容に関する告知、説明、注意等のメールを、逐次確認する義務を負うものとし、本会から会員に送られたメールについては、会員が当該メールを読んだものとみなし、会員が前項の確認を怠ったことにより発生した会員の損害に関して本会は一切責任を負いません。
2、会員は、定期的に、本サイト上の本規約変更、サービス内容に関する説明、注意等の告知を確認するものとします。万が一、会員が、本会からのメールによる通知、本サイト上の本規約変更、活動に関する告知等を確認しなかったことにより発生した会員の損害に関して、本会は一切責任を負いません。

第13条
1、本会は、会員に対し任意の期間を定めて告知することにより、活動の内容などを変更することができる。 活動内容が変更されないことを前提とする会員、又は第三者の損害について、本会は一切責任を負いません。
2、本会は、以下のいずれかの事由が生じた場合には、会員に事前に通知することなく、一時的に活動の全部、又は一部を中断することがあります。原則として、本会が活動の中止を行う場合には、24時間の予告をもって通知するものとする。ただし、緊急の場合には事前の予告を行なわないことがあります。
(1)本会活動用のハード、ソフト、通信機器等にかかわる設備等の保守、メンテナンスを定期的に行う場合。
(2)火災、停電、その他不慮の事故等により、活動が困難な場合。
(3)地震、噴火、洪水、津波等の天災により、活動が困難な場合。
(4)戦争、動乱、暴動、騒乱、労働争議等により、活動が困難な場合。
(5)本会と第三者との契約の終了等に基づき、活動が困難な場合。
(6)その他、運用上、又は技術上、活動の一時的な中断が必要と本会が判断した場合。
3、本会は、前項各号のいずれか、またはそれらに類似する事由による活動の一時中断によって、会員、又は第三者が被った損害について、一切責任を負いません。

付則
第1条 本会は、平成23年(2011年)4月1日をもって設立とする。
第2条 本規約は、平成23年(2011年)4月1日より発効する。

   プライバシーポリシー

福岡猫被害救済委員会(以下「本会」と言う)は、会の活動において個人情報を保護し適切な取扱いをすることが社会的責務であると考えております。個人情報とは、個人情報保護法に言う個人情報を指すものとし、生存する個人に関する情報であり、当該情報に含まれる氏名、メールアドレス、電話番号、住所、勤務先、その他の記述等により特定の個人を識別できる情報を指します。よって以下のプライバシー保護方針に基づいて個人情報の適切な取扱いに努めてまいります。

1、適正な取得
会員が本会のサービスを利用するにあたり、必要最低限の個人情報を取得いたします。また、本会の様々な活動の中において、必要とする情報をその都度に追加で取得させて頂きます。
2、利用目的
これらの取得した情報は、個人を識別又は特定できない態様と範囲で、統計的な情報として集計し参考としての使用や、本会ホームページや定期的または不定期によるメールマガジンや各種ご案内などに利用させていただく為に必要な情報であり、それ以外の用途に使用されるものではありません。

3、情報の開示
本会では下記の場合を除いて、個人情報を保護し開示することはありません。

(1)集計および分析等により得られたものを、個人を識別または特定できない態様にて提携先等第三者に開示または提供する場合
(2)任意に会員の同意を得た上で、個人情報を開示または利用する場合
(3)裁判所の発する令状その他裁判所の決定、命令または法令に基づき開示する場合
(4)検察・警察・監督官庁からの適法・適式な手順により情報の照会があった場合


 

  免責事項 

福岡猫被害救済委員会(以下「本会」と言う)ホームページに記載されている、情報、資料、連絡先等は間違いのないよう注意は払っておりますが、その後の法改正や運用改訂ならびに見解や解釈の相違、または誤記入なども考えられます。
したがいまして、本会ホームページからの情報等により、万一利用者にいかなる損害(間接損害、付随的損害問わず)が発生したといたしましても、誠に勝手ながら本会は責任を負わないものとさせていただきます。

本会への御相談に対する回答は、個々の事例に対する回答ではなく、一般的な事例での回答といたしますので、その回答内容に関しまして一切の責任を負いかねます。よって、回答内容が不十分とのクレームはお受けできません。回答内容はあくまでも参考にしていただき、必ずご自分で確認するなどしてその後のご判断は自己責任でお願いいたします。

本会活動に用いる機器の故障、トラブル、停電、並びに通信回線の異常など、本会の予測を超えた不可抗力により会員情報、その他会員に関するデータ等が消失、紛失することがあります。また、システムの障害などにより、会員情報、その他会員に関する情報が消失する場合があります。本会はそれを復旧する責任及びその他一切の責任を負わないものとさせていただきます。他人により改ざんされた場合も同様です。

また、本会ホームページからのリンク先の内容につきましては(アフィリエイト・広告含む)、一切責任を負いかねますので、ご利用されます個々人の責任におきまして、情報の確認などを行っていただいた上で活用していただきますよう重ねてお願い申し上げます。

当ホームページはSSLに対応しておりません。通信の際は傍受等の可能性がございますので、自己責任にてご利用いただきますようお願い申し上げるとともに、当方では一切の責任は負いかねます。

 

HOME会の紹介現状活動入会・お問い合わせお知らせ規約リンク集
Copyright (C) 2011 福岡猫被害救済委員会 All rights reserved