猫被害のお悩みや、地域猫の実態に関する情報提供|猫被害者の権利確立と向上|行政への抗議と問題提起

福岡猫被害救済委員会

  共生という名の、無責任で偽りの動物愛護の果てに
  HOME
  会の紹介
  現状
  活動
  入会・お問い合わせ
  お知らせ
  規約
  リンク集
>> HOME  >> 会の紹介
 
  開設の経緯                

代表である私の場合で申しますと、転居先や周辺に野良猫が居るとは思っていましたが、最初は全く気にもしていませんでした。しかしその被害の甚大さはすぐに表れることとなり、調べたところ原因は隣家中年女性の餌やりと、外壁付近に餌を置く見ず知らず中年女性でした。
そして両者別々に問い質すと、狂ったような罵詈雑言と呆れ果てんばかりの主張、そして地域猫という、奇しくも同じ態度と言葉が返ってきたのでした・・・

そこで問題を色々と自分なりに調べ、行政とのやり取りや会合出席、弁護士への法律相談など、解決へむけてかなりの時間や費用と労力を費やす事となり、問題解決の困難性と、現状の動物愛護と言われるものや行政の対応に、憤りや疑念を強く感じる事となると共に、他にも被害に悩まれる多くの人々の存在を知る事となったことがすべての始まりとなり、本会ならびにホームページ開設に至りました。

 

  開設の趣旨

過去より上述のような猫による被害は多く、野良猫の給餌や不適切な飼育に対して、民事裁判において損害賠償も認められています。それにも拘らず、国や自治体、一部の個人や団体は、それらの判決に対して何の配慮も払わないどころか、今や法律違反を堂々と口にする異常な状況です。そしてこの状況は、それらの者たちに動物管理を委ね続けた結果であると言う事です。つまりこの事は、被害者や現状に納得できない者自身が、声を上げ取り組んで行かねばならない事を如実に物語っていると言えます。

また、動物を愛し命を尊ぶ事と、人やその他の周辺環境に配慮した責任ある動物の管理を問う事は全く違う話です。この事は判例などを持ち出すまでもなく、誰が考えても明らかでしょう。ところが現状は、異なる話を同一化した意味不明な動物愛護の喧伝を伴う上述のような異常な状況で、それが被害解決をより困難としている事は言うまでもありません。

よって私共は、猫による被害や理不尽な現状の解決に向かって、様々な情報の収集と提供を行い被害解決のサポートをするとともに、杜撰きわまりない動物管理行政の現状と問題点を訴え、隅に追いやられ無視される猫被害者等の権利を主張し確立させる事により、現代社会にふさわしい真の動物愛護とは何かを考え、それを目指す事を目的に開設します。

 

 

  他の動物について 

他の動物についても当然、様々な問題があることは承知いたしております。犬や他の飼育動物に関しては猫との関連で触れることはあるかと思いますが、現状では体制等の問題から対応出来ません。しかしながら関連情報として、情報等の御提供いただく事を拒むものではございません。

 

 
 
HOME会の紹介現状活動入会・お問い合わせお知らせ規約リンク集
Copyright (C) 2011 福岡猫被害救済委員会 All rights reserved